会社沿革

明治16年5月 「吉川商店」の商号で、大阪市東区博労町2丁目 35番地(現中央区博労町2丁目3番1号)にて、金物業を開業。
明治38年3月 水道器具及びガス器具の販売を営むと共に、 商号を「吉川商会」と変更。

当時の新聞広告 (明治40年7月15日付 大阪朝日新聞)
昭和24年2月 個人営業を法人に組織変更し、資本金50万円で 「昭栄水栓工業株式会社」を設立。
昭和39年9月 東京営業所を開設。(現東京支店)
昭和42年2月 東大阪市金物団地に、東大阪支店を開設。
昭和44年2月 現在地に、本社社屋を建設。(現中央区博労町)
昭和44年9月 松江営業所を開設。(松江市朝日町)

開設当時の松江営業所
昭和45年2月 東京支店新社屋を建設。(東京都文京区)
昭和47年7月 徳島市に、四国営業所を開設。
昭和50年6月 大分市に、九州支店を開設。(現大分営業所)
昭和50年11月 福井営業所を開設。
昭和51年11月 福井営業所新社屋を建設。
昭和52年9月 松江営業所新社屋を建設。(松江市向島町)
昭和53年8月 四国営業所新社屋を建設。
昭和54年2月 建設設備用排水器具の製造部門として、 資本金500万円で「株式会社昭栄鋳工」を設立。
昭和56年5月 東京支店新社屋を建設し、調布市に移転。

当時の東大阪支店 (昭和56年 会社案内)
昭和57年2月 九州支店新社屋を建設。(現大分営業所)
昭和57年11月 大阪市東税務署管内優良法人の表敬を受ける。
昭和59年3月 商号を「株式会社 昭栄」に変更。
昭和59年5月 福岡営業所を開設。(現福岡支店)
昭和60年3月 山梨営業所を開設。
昭和61年4月 金沢営業所を開設。
昭和61年5月 本社事業部を東大阪市金物町に社屋を新築し移転。
昭和62年11月 大阪市東税務署管内優良法人の表敬を受ける。
泉南営業所を開設。
昭和63年10月 千葉営業所を開設。
平成2年3月 鹿児島営業所を開設。
平成2年9月 松江市西川津町に社屋を新築し松江営業所を移転。
太宰府市水城に社屋を新築し福岡営業所を移転、福岡支店に昇格。
平成3年4月 山梨営業所を中巨摩郡竜王町に移転。
平成4年11月 大阪市東税務署管内優良法人の表敬を受ける。
平成5年1月 金沢市間明町に社屋を新築し金沢営業所を移転。
岡山営業所を開設。(現中国支店)
平成7年3月 大阪中小企業投資育成(株)の引き受けにより、 転換社債発行。
平成7年9月 私募債発行。
平成7年10月 株式会社昭栄鋳工を「株式会社アウス」に社名変更。
平成7年11月 姫路営業所を開設。
平成8年5月 西大阪営業所を開設。
岡山営業所を中国支店に昇格。
四国営業所を徳島営業所に改称。
平成8年11月 北九州営業所を開設。
平成9年11月 大阪市東税務署管内優良法人の表敬を受ける。
平成11年1月 東大阪支店第2倉庫を建設。
平成13年3月 西大阪営業所を西区立売堀に移転。
平成13年4月 泉南出張所を本社事業部(一部東大阪支店)に統合。
平成14年11月 大阪市東税務署管内優良法人の表敬を受ける。
平成15年5月 西大阪営業所を西大阪支店に昇格。
平成16年2月 本社事業部を本店営業部に改称し、東大阪支店隣接に移転。
平成16年6月 資本金を9,900万円に増資。
平成18年10月 四国支店開設のため、徳島営業所を閉鎖。
平成19年1月 大分営業所を大分市三川新町に新築移転。
平成19年3月 高松市に社屋を新築し、四国支店を開設。
平成19年11月 大阪市東税務署管内優良法人の表敬を受ける。
平成19年12月 福井営業所を金沢営業所に統合。
平成20年5月 東大阪支店を本店営業部に統合。
西大阪支店を大阪支店に改称。
平成24年3月 埼玉県朝霞市に北関東営業所を開設。
平成27年5月 神奈川県大和市に神奈川営業所を開設。
平成29年10月 鹿児島営業所を霧島市溝辺町に新築移転。